薄毛の悩み・抜け毛の悩みの対策方法は色々とあります。

発毛・育毛・増毛など。

病院・クリニックで治療という方法もあります。

自宅で自分で対策という方法もあります。

ご自分の予算や状況に合わせて色々と選択肢が今はあります。

2014y12m29d_083438680

世界で見れば日本は薄毛治療の後進国

女医さん

では、
海外ではどのような薄毛対策が主流なのでしょうか。

海外の薄毛事情にも目を向けてみます。

まず、
世界の薄毛率に関してですが、
アメリカ、
フランス、
ドイツ、
スペインでは、
成人男性の約4割が薄毛となっているという調査結果があります。

女性の薄毛も早くから問題になっていました。

Wooris_124244_1
日本は4人にひとりくらいの割合ですから、
「半数近くが薄毛」という海外の状況と比べれば、
薄毛は少数派ということになります。

薄毛が多い国では、
当然と言えば当然なのですが、
薄毛をあまり隠そうとはしません。

看護師さん

アメリカなどは社会的におおらかで、
「薄毛は男らしくてセクシー」という価値観も一般的に存在します。

カツラにも寛容で、
ファッションとして捉えているのか、
明らかにばれてしまうような安価なカッラでも平気で被っている人も見かけます。

そんな海外にあっても、
やはり薄毛を気にする人は多数存在しますから、
薄毛治療にも積極的です。

ただ、
薄毛は「かっこ悪いから治す」というのは日本的な価値観で、
海外では「老けて見えるから嫌だ」という理由で

薄毛治療に踏み切る人が多いようです。

海外諸国では、
薄毛は医療で治すのが一般的です。

逆に医療機関以外で薄毛対策を行っているところはほとんどなく、
医学的根拠のないサロンなどが台頭しているのは日本だけの特徴と言えます。

そういった意味では、
日本はまだまだ「発毛後進国」と言えるかもしれません。

女医さん

ちなみにお隣の国、
韓国は、
薄毛治療でも最先端をいっています。

韓国では薄毛=ケチというマイナスイメージがあるようで、
国民は治療にも積極的であり、
その分研究も進ん治療法としては、
アメリカ、
韓国、
台湾などでは自毛植毛がさかんに行われています。

韓国は美容整形の文化も日本よりはるかに浸透していますから、
外科手術による薄毛治療にも抵抗感がないのでしょう。

また、
薬も日本より多くの成分が認可され、
市販されている糎類も多くあります。

ただし海外の薬には、
偽薬やわけのわからない成分が入った薬がたくさん存在していますから、
輸入する場合には細心の注意が必要です。

 

女医さん

日本でも女性の薄毛専門クリニックがあります。

知らない人が多いようですが、

女性専門のクリニックなので

安心して相談できるのと、

効果が早く感じられます。

 

発毛という言葉に注意

『発毛』という言葉は本来、医療機関でしか使えない言葉です。

毛が生える=発毛です。

医療機関以外で、発毛というフレーズで押しているのは少し考え物だと思います。

case01

女性専門の発毛クリニックも今では多く存在します。

一番早く改善が見込めるのは、専門のクリニックできちんと診てもらうことです。

 

これは、費用対効果を考えても一番良いと思います。

 

専門のクリニックで、最短で希望に近い改善を施術してもらう事。

あなたの悩みが深刻であればあるほど、オススメ出来るのはクリニックです。

 

専門のクリニックにくる患者さんの3割は女性だそうです。

女性なのに薄毛なんて。。というのは、気にするに及びません。

 

きちんと改善して、楽しい生活を送りましょう。

 

○○増毛法は?

この増毛法は地毛に人口の毛を結び付ける方法です。

牽引性脱毛症につながるのでは?という声も多く聞きます。

m_1

皮脂が多い薄毛

男女では皮脂が多くなる原因が異なります。

女性には女性専用のものを使う事が非常に大事です。

 

リンス・トリートメント

髪の毛の保護をするための『リンス』『トリートメント』と、薄毛を改善するための成分は全く異なります。

薄毛を改善したい時は、まずそのことだけに注力をして下さい。

薄毛に改善がみられたら、リンス・トリートメントなどを使用して髪の毛の質の保護をしましょう。

 

女性の薄毛は

女性の薄毛は、女性ホルモンのバランスの乱れが多くかかわっています。

しかし、女性専門のクリニックなども多く出来ました。

 

看護師さん

一つ、勇気をもって薄毛を改善してみようと思うだけで、

あなたの薄毛の悩みは解消に近づきます。